飼育雑記~。。。選別2回目?

今日はお彼岸なので、朝から仏壇やお墓参りで動いたのよ。
お天気に恵まれて良かった。
全部お参り済ませたら、故人を偲びつつも晴れ晴れとした気分じゃあった。

帰宅してからは、玄関側の種魚の水換えをしておいたんだけど、まだまだお腹は硬そう~~
庭の舟の水も直したり、アクア作業も少々。

ハネ針仔たちも毎年の某池に放流に行ったんだけど、一夏のボウフラ駆除部隊のハズが!!
生き残ったサバイバーが4匹も泳いでてびっくり感動!
お役立ちしながらたくましいのがいたね。


明日も予定が入ってるので、昨日の夜中にナイター選別をもう一度しておいた。


孵化して3週間ほどになる針仔、15ミリくらいになって肉がちょっと付いてきた。
1回目の見落としや、成長不良や尾芯に傷がある仔をハネだして、
衣装ケースとプラ舟で約300残し。
最後は疲れと眠気で甘々になって残してるのもあるので、次回はもっと絞ったほうがええね。

毎年。。。
このくらいの大きさの選別後によ~くエラにして、黒ずんでエラが開いてコチみたいな顔で痩せて☆になっていくのが出てしまう~
今回、選別前に2匹☆になってたので、初期が大切!っとばかりに色々対策を講じてみてる。



賛否両論あるだろうけど、ペットショップで手に入るバクテリアの類と、粘膜保護剤の入った添加剤を使用してみてる。

原因と対策?は以下に続く。。。長いかも?

\(^ヮ')ゝ

病気の原因は
蒸れ、
擦れ、
餌のやり過ぎ、
親の水の混入、


っと考えてみた。
治療薬を使ったら鱗にウンヌンはベテランさんから聞いたし、確かに鱗が生えそろう前の針仔期に薬使ったら後の鱗があまりおもしろくないのも出てしまったし。
エラにかけない、治療を必要としないのが一番じゃろーね。


蒸れはエラがカビにやられてボワっとなったのは見たことがある~
アレは助けられなかったことが。
室内で、ヒーター使ってるけど、フタはしない。
換気扇も24時間強制換気。

擦れは、どうしても網で追うし、掬うし、体に目に見えない傷ができちゃってるかも。
ハネになる仔より拾う仔の方が、網でいじられたり空気に直接触れる回数が多いかも?
拾って戻す舟に粘膜保護剤を規定量投入。
ただしカルキ抜きの入ってないタイプでないと。
omasa家の井戸水にカルキ抜きはいらんのと、もし水道水でもちゃんとしたカルキ抜きの方が良いと思う。


餌のやり過ぎは。。。
第一回目の選別の時は、拾った仔がすぐにシュリンプにありつけるようにしても良かったんだけど。
最初と比べたら針仔の数が少なくなっとるのに、同じ量を与えたら多すぎるんじゃないかと。
減らして餌たっぷりやったらグンっ太るんだけど、今回は餌なしの舟に戻して朝まで餌きり。
運悪くだか、良かったんだか、朝のシュリンプの湧きがよろしくなくて、いつもの量ほどなくて。
すぐに完食!我慢して追加給餌なしにしておいた。
ついでに硝化菌も入ってるバクテリア液も添加。
結局亜硝酸からアンモニアから~原因かと。

親の水の混入はない。っと信じたい、
相当離れとるね。バケツも網も違うのにしてる。
エアーストーンとかも新品か、熱湯消毒しとるね。
お手手も親とか触っとらんし。
容器もよくよく洗って拭きあげて乾燥もさせて使ってる、それが原因というほど神経質に飼いたくなーい。


選別直後からトラブルが出てたので、2~3日このやり方でやってみて~病気にならなかったらヨシ!
ってことにしていいかもね?どうなるじゃろ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Omasaさん

今晩は、

その 病気の 対策を 成功させてくださいよ、

この時期の 稚魚の 病気は 黒ずみますね、

エラが 開いているのでしたら、エラ病で しょうね、

原因が 分かれば 掲載を お願いします。

Re: No title

>ランちゃんマン

こんばんは~~!

針仔、今のところ選別して3日目だけど体色も態度も変わらず元気です~!

結局、水の痛みや蒸れが大きい原因だと思うんですが、日中留守なので、気温の上がる時間に御守があればいいと思ってやってみてます。
毎年同じじゃ面白くないので。
金魚屋さんのサイトでも21日頃に使うと効果的っぽいのがあったんだけど、熱帯魚コーナーにあったのを入れてみてます。


黒っぽいのがいるな?っと思ったら、次々黒くなってエラが開いて痩せていくし。
アレは憂鬱ですよね。
元気な仔には餌きり出来ないし発症させないで飼いたいです~
プロフィール

omasa

Author:omasa
らんちゅう大好き♪有り余る情熱をブログに綴ります。by娘

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログの主な登場人物
omasa
飼育者。美容院のママ。
家族の夕飯を作るより先にらんちゅうの水換えをする極悪非道の母親

omasaの娘。WEBプログラマ。
ときどきこのブログを勝手に編集する。
餌やりをする内に目が厳しくなってきた

センセ
omasaの旦那様。嫌々ながららんちゅうに付き合わされるうちにだんだん可愛くなってきた

おじいさん
一応師匠のつもりで色々教えてもらった。
昔は錦鯉の審査員だった。
目が異様に肥えた愛すべきお父ちゃん

おばあさん
愛すべきお母ちゃん。らんちゅうはなんでも可愛い。
omasaとおじいさんがらんちゅうでキャッキャしてるのが好き

妹&妹婿ちゃん&甥っ子
妹婿ちゃんをらんちゅう飼育にはめてしまう。
妹は実は目利き。
甥っ子(小学生)はomasaの師匠

ベテランさん達
いろいろ指導していただく、おっちゃんやおじいさんやおっちゃんたちが多い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
観賞魚ランキング

FC2Blog Ranking